読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラいっこもしらねーけどシン・ゴジラめちゃくちゃおもしろかったぞ!!!(観た人むけ)

 

 

いや〜〜〜〜〜〜面白かったなーーーーっ!!!!

映画を見て、恐ろしさで絶句したのいつぶりだろ?!

 

我が家は夫が好きなもんで、特撮作品はわたしもいっしょになって楽しく見てたりするんだけど(ウルトラマンオーブいいよね…)、シン・ゴジラについては正直見に行くつもりはまったくなくてですね…。

というか、番宣だかCMだかを見ても全くピンと来なくて「これかんぜんにコケるでしょ」感だけをプンプン感じ取っていて全然気にもかけていなかったんだけど、公開初日にあまりにTLで評判がいいので、みなさまがそこまで言うならもしかして、と行ってみたらこれよ、これ。

 

いや〜〜〜〜〜〜面白かったなーーーーっ!!!!??????!!!!!!

 

好きだったところをつらつらかくと、まずなにが好きだったって、物語を進めるために場を引っ掻き回す役のアホがでてこなくて本当によかった。

こういうパニック映画ってなんか憎めない人柄なのをいいことに、バカみたいなドジふんで台無しにするやつが出てきたりするじゃないですか……。だいたい終盤に敵を倒す重大なヒントをみつけたりすることでそのドジを挽回したりするタイプのやつ。あれはそんなんでプラマイゼロにしようとすんじゃね〜ぞ!!!みたいな気持ちになるので、それがなかったのはよかったです。

 

それにくわえてわかりやすいかんじの「悪人」も出てこないじゃないですか。

特撮に限らず、たいていのドラマは悪の天才が時に野心を抱き、世界征服を夢見てはじまるもんだと思うけど、シン・ゴジラはこれだけ人が出てきてやなやつとか悪い人間が一人も出てこないっていう。

この物語のすべての登場人物がキビキビだったり、役人らしくのらりくらりだったりはするけど、自分の仕事を生真面目にこなし、他人の仕事や善意をある程度信じて行動している。 (まあでも、トリガーを引いたのはおそらく博士だけど、ゴジラを産みだしたのはこの生真面目な善人たちなんだよなあっていうのがなんだか、皮肉というか、今時だなあ…と思いつつ)

 

この「いかにも物語っぽい人物」が出てこない、ふつーーーの善良で生真面目な日本人たちが織りなす序盤がこの物語を自分の半径100m以内の物語にしているところがすごくあって、そっからヒロミ(早口で最高の女)>カヨコ(アメリカの最高の女)とグラデーションしていくのも、物語の非現実性とリンクしていて、諸々をすんなり受け入れられて良かったなあと思っています。この序盤を面白くするの相当大変そうだけど、ちゃんと面白いんだもんね!すごいわ~~~

 

あと、終わりに話は飛ぶけど、ゴジラが凍結したのを確認したのち、固唾を飲んで見守っていた人たちが「イエーーーーッ!!!!」みたいになることもなく、肩を抱き合ったり、深く息を吐いたりする程度で、静かにほっとしている描写がすごく好きでした。作戦隊長(かな?)が「みんな、ありがとう!」といって終わったのも素晴らしく良かったですね……。

 

あと、ヘリのぱらぱらぱら〜〜〜から始まる自衛隊の総力戦がほんとにほんとにほんとによかった…。

多摩川に10式戦車がずらーっと並んでいるのも、ほんとかわいらしかったし興奮しましたね!(まったく効かなかったけど……。)99式自走砲もトコトコしてて超~~~良かった……「ご!よん!さん!に!いち!だんちゃく!いま!!」」ヒーーーっ!!!!!(おおよろこび)(まったく効かなかったけど……。)

えーコレ効かないんじゃあこの後どーすんだ?と思ってたらまさかの御殿場からMLRSぶっぱでよ~~~~大興奮したっす〜〜〜!!!!!!!!

てかワスよぉ、この2日前にちょうど御殿場まで片道1時間半かけてさわやかのハンバーグ食べにいってたからよお、「はぁ〜〜〜遠路はるばるようきんさった……」って田舎のオバアみたいな事思って目頭熱くなっちゃったよねえ。 しかもきっちり命中させてねえ……おばさんハンケチ握る手にも力がこもるってもんよ。(まあまったく効かなかったけど……。)

ちなみに、このへんの自衛隊の装備というか、御殿場から届くんかジッサイ、みたいな話についてはパンフにくわしいので気になる方は是非お買い上げになるとよろしいです。

 

でも、自衛隊を過剰に賛美するわけではないんだけど、戦後これだけの装備を使う大きな戦闘をした事がない国で、「みたこともない相手へひるむことなく全弾を命中させることができる」っていう描写ができるのって単純にすごいなあ〜〜〜と思ったりして。

フィクションなんだから、なんぱつか外れてた方がそれっぽいじゃないですか? でも当たり前みたいに全弾が命中してることに何の疑問ももたずに見られていたことに、思い返したときに気づいて己の自衛隊にたいする信頼度に気づいたっていうね。この総力戦もよかったけど、最終決戦でもほんとのほんとにかっこよかった!!ほんとに!

 

そんな自衛隊さんたちの装備たちもすげーーーよかったけど、はたらくくるまたちが大活躍したのも本当に良かったですね!!!

かつてこんなに高圧コンクリートポンプ車が活躍する映画がありましたあ〜〜〜!?!?!?

ふつうさ〜〜〜〜、絵面だけかんがえたら消防車みたいなやつでバビー!ってやるじゃん、でもこいつをえらんだっていうのは、ゴジラ原発への注水メタファ〜ってだけじゃなくて、たぶんトラックミキサーで薬剤をかくはんできたりするメリットがあるからじゃないかとおもうんですよね。

 

 

はぁ〜〜〜〜適材適所!!!偉い!!!!!(こじつけ)

たまらんでしょこんなの!しっかとふんばって、この繊細なアームをガッジーラのお口に添えちゃってさ、もりもりかじられちゃってさ……(歯並び悪くてセフセフ!)!

もうこのシーンのわたしあれよ、のびるタイプのはたらくくるま(はしご車とかクレーン車とか!推し重機はかにクレーンです!)が好きだからたまらんかったよね……。

余談ですが、どこのメーカーの車両なのか絶対知りたいとおもってめちゃくちゃ凝視してたけど、フロントのエンブレムがみたことないやつだったんよね〜〜〜!!!

観終わって、そのことを一緒に見てた夫に話したらスタッフロールに「エンブレム作成」みたいなクレジットがあったみたい。(追記:っていうかブログ公開後教えてもらったけど出渕裕だそうじゃねーか…)そんなとこまでこだわるか〜〜!!!!!頼む〜〜〜!!!!!!!!!!どれか1種類でいいからトミカくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

あと、で、で、電車な〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

ほんとネーミングの良さ震えるばかりなんだけど「無人新幹線爆弾」「無人在来線爆弾」の声に出して言いたさすごい。

あと、N700系のぞみと、E233系E231系見るとめちゃくちゃアガる!!

無人新幹線爆弾がN700系なのめちゃくちゃ贅沢でときめくよね…もー引退する700系じゃなくて!白い車両がまっすぐつっこんでいく図は美しかった……。もうその時点ではちゃめちゃにテンションあがってたんだけど、そこにかぶせて無人在来線爆弾よ!!!!はあああ〜〜〜3000番台15両編成がこの構図に映える〜〜〜!!!!!!!輝いてる!!!!輝いてるよ〜〜〜〜〜っっ!!!!!って感じね!!!!!!

(ちょっと正直このへんは興奮しすぎていたので記憶を自分ごのみにねつ造している可能性があるので、もういちど見る必要がある。)

(追記:2回め見てきて確認したんですけど、3000番台が15両編成なのかは確認できなかった……おっかしいな~~~!!!???)

 

まーつらつらかいたんだけど、シン・ゴジラ本当にすごいな、と思ったのは、見た後にフィクションの中でおきた遠い出来事というよりは半径100メートルぐらいで起きうる出来事として脳が捉えているところ。

映画の帰り道、池袋のサンシャインの向こう側に、立体交差橋がまたぐ山手線の果てに、渋谷駅ホームから品川方面を眺めるときに、ふとした隙間にゴジラの姿をつい当てはめてしまうんですよ!そんで、あそこに湧いたらどうくるか、どう逃げようって思ったりして。

作中で一般市民が自衛隊のヘリで各地へ避難していく描写のときに、誰も旅行にいくみたいなスーツケースしか持ちだせていなかったのをせつなく思う反面、いざという時にもちだす荷物整理しなきゃ…って考えちゃったりとか。

東京を舞台にしてる作品とはいえ、こんなに「自分だったら?」っていう考えが生活に入り込んでくることもなかなかないし、そう思わせるのすごいな〜〜〜って思いました。

あと、観終わって、とにかく仕事がんばろう、っていう気持ちになったし、とにかく元気がないと何にもできないな!!!!!!とおもいましたので、オリジン弁当の竜田揚げだかが入ってる巨大なおにぎりをもりもり食べながら帰りました。みんな元気だしていこう!!!!!!!!!!!!!!!!!

電子書籍はじめました日記

だめにんげんマガジン ツーフー


スナックはおじさんがいくところだと思ってない?
人生経験豊富なママやお姉さんにいろいろ教えてもらっちゃおう!

バーや居酒屋に続くおひとりさまの新定番「スナック呑み」を大特集!
定番カラオケ曲や、覚えておくと盛り上がる合いの手も保存必須のリスト化!
お局さまの歌う明菜ちゃんもこれで完全攻略♪ 一度といわずに二度三度 ハイッ


寒くない!暑くない!ちょうどいい今の季節にピッタリなのは「外呑みできる公園ガイド」!警察に追っかけられちゃったら「アンケート・職質どうしてる?」を参考にしてネッ!

たくさん飲んだあとに心配になるのは尿酸値!
処方薬から漢方まで!尿酸値を下げる薬、編集Tが体当たりで試しましたっ!痛風薬のみ比べ」


そしてそして、ストリートスナップ大人気エリア「赤羽」!
終電後の行き場のないよいどれガールズの醜態ををどどどんと6Pで紹介しちゃうぞ!


別冊は月の食費が2万円台のカリスマ主婦アサコさん(id:asa-ko )のおねうち&おいしいレシピ集!


そのほかにも連載実録小説戦国絵巻など楽しい情報がまんさい!


特別付録に大宮駅前いずみやで3000円分飲むとなぜかもらえるトライアングルのボトルをかわいくカスタムできるシール付きののんだくれだめにんげん電子マガジン「ツーフー」はただいまぜっさん印刷中で〜す!!!!

ポニーテールとシュシュとドラキュラとモアイ日記

通はポニシュって略すらしいですけども。


ポニシュといえばAKBの48ですけど、なんかもはや48人どころじゃなくて、90人とか100人とかいるんですってねー!!


アタイもAKBにあこがれて、AKBカバーユニットTSB32(体脂肪32%)を結成してるんですが(ひとりで)、こちらも32どころじゃすまない勢いになってきてンモーそんなとこまで本家なぞらえんでもいいワイって話なんですけどそれはおいといてですよ!!





まあ、アイドルソングになるほどの再ブレイクを軽やかにキメたシュシュなんだけど、1979生まれのアタイとしてはポニーテールとかシュシュって、バブルっつーか、80年代のもんってイメージがつよいのだよなー。


80年代…。あたいがまだ小学生だったあのころ、雑貨屋ブルドッグ(ググって知ったけどなんと全国チェーンだった…)で見かけたあのなつかしいものたちに思いを馳せると浮かんでくるよ、バドワイザーのBIGタオル… ハイネケンのネオン管の壁掛け… ラッセンの巨大ジグソーパズル… 透明なピアノの形のオルゴール(曲:サイレントジェラシー/X)… ギャアー気が狂う!!!!!


いろんなアイテムあったけど、なぜか貯金箱が充実してたような覚えがあるわー。
10万円とか50万円とか貯まるやつ(すぐ飽きるが、中のマネーをとりだすにもあけ口がないので投入口がペンチでこじあけられベッコベコに…)とか。
それから、ドラキュラバンクな!



ドラキュラバンクなのに寝てるのはガイコツっていう…


あと、トイレットペーパーを引きだす間喋るペーパーホルダーとか、モアイの鼻からティッシュが出てくるティッシュケースとかもさあ!あったよね!!!なんてブヒブヒ言ってたらなんとアマゾンにあるとの情報が!!!




MOAIティッシュケース モアイの鼻 RH-300

MOAIティッシュケース モアイの鼻 RH-300

ほんとにあったわ〜〜〜〜〜〜!これだよ!



せっかく人間を守ってくれてるモアイもなーんと鼻の穴からティッシュ出されるハメになるとは思いもしなかっただろうよ!!



てか、モアイシリーズたくさんある!!4200円の高級モアイといえどもやはり出されるのは鼻からというディスティニーは曲げられなかった…。


そして



こんだけいっぱいモアイ見といて、結局みんなふつうのティッシュケース買っててズコーってなりました。




とりとめないまま おわり。おわり。

工事中の首都高大橋ジャンクションに潜入してちょうかっこいいクレーンキメてきた日記【後編】

というわけで4ヶ月ぶりの後編ですけど!!すみませんすみません

>>前編は→ http://d.hatena.ne.jp/ooo0_temaki_0ooo/20090818/1250559539


もう前編のことなんて昔の男のごとくすっかりお忘れだとは思いますが、憎んでもいい忘れないで!(吉田美和の一番ムカツクときのフェイスで)

そんなドリームズがカムトゥルーしそうなアレはおいといて、いよいよループ部分の中に突入であります!



地上からループをぐるぐる昇っていくのかな?と思ったけど、さすがに大変だからか例のいかした非常階段で一番高いあたりのループの中へ。


有事のときなんかで使われるときでも、下ることはあれども昇ることはなかなかめずらしいよなー


DSC_0300

けっこ高い!




中に入るとさっそくの稼働し始めたら絶対見られないだろう光景に一気にテンションダダ上がり!


DSC_0176

駐車場と化す高速道路が見られるのは大橋ジャンクションだけやでーー!




上の写真だと見にくいけど2車線道路のそれぞれに、行く先にあわせたライン色分けがされています!心配りがニクイ!


DSC_0156





DSC_0169






いつも時速80キロで目の端をかすめていくこいつらも近寄りまくり凝視しまくり!!!


DSC_0184

新品…!!!


日頃外側しか見られないこいつの中身が気になるけどプチプチ'nテープで厳重にカバーされてやがるのな…。
ダメ元でこれ開けたらダメですかね?と聞いてみたら「どうぞどうぞ!」と快くオッケーが!えー!太っ腹すぎる!
こんなに何もかもがすんなり行くなんて、この人達どこまでお願いしても「ノー」って言わないんじゃないかと言う気すらしてきた…




くぱー


DSC_0180

ボタン4個の簡単操作で、お年寄りも幼児も安心だフォン
(てかどのボタン押しても同じところに繋がる って聞いた気がするけど、聞き違いかも)





DSC_0185

こいつも新品……!!!

この消火栓のところでは首都高さん的記念写真スポットだったのか「写真とりましょうか!?」と言っていただけたのでハイ!ハイハイハハーイハイ!とお願いしたんですけど


DSC_0179

このニヤケ顔!!!!!!!アタイがこんな顔するのは、8年前にうな丼1500円を頼んだらお店のオーダーミスでうな重(3500円)にスーパーアップグレードされてたとき以来です!






そんなニヤケ顔おさまらぬまま、トンネルの外へ!


DSC_0190




段差かなんかのつなぎ目がなんかエヴァっぽい


DSC_0294




クレーンがたくさんはたらき中


DSC_0206




わかりづらいけど、真横にはこの新しい道が合流する本線があって車がばしばし通っているよ!


DSC_0225



この階はここまでで行き止まりなので、非常階段までいったん戻っていよいよ屋上に登ります。


ジャンクションに屋上!っていうのがまずおどろきなんだけど、大橋ジャンクションのいかしてるところの一つとして、ぐるぐるタワーの屋根部分を草やらなんやらで緑化して、隣接するビルから通路を作って誰でも利用できる空中庭園にするそうな!ギャー!いかす!

この真下には目黒川という川も流れてて、川沿いに桜がいっぱい咲いたりする春先とかはさぞかしきれいだろうなー!いいなー!


もちろんまだつくり中まっさかりなので緑化はされていないけれど、その広さ&きもちよさをぜひごらんあれ!





DSC_0313

広い!そして、朝からめちゃくちゃくもってたんだけど、上に上がった瞬間晴れに!





DSC_0326

クレーンが青空に映える!





DSC_0341





DSC_0360

発狂しそう!





DSC_0375

てまきも浮かれて踊りだすぜ!





DSC_0314

これはさっきの合流部分を上から見たとこ!




いやー、あの、とにかく広い!!!
そして高いところにあるだけあってめちゃくちゃ見晴らしがいいし、なにより解放感があるのなー!

かるく傾斜がついているけど、それも緑化されたあとはちょっと山っぽいかんじになっていいんじゃないかな。
ウギョー早く来たーい!ころがりたい!!!!

とはいえ真下にはブンブ車が通っているので排気や騒音が気になるところではあるけれども、そこらへんには特別気を遣った造りになっているとのことだし、なによりこののびのびした雰囲気には公園としてすんげー期待できるんじゃないかなーと思った!




夢見心地であっという間に(ホントにあっという間に…)時間は過ぎて、戻る時間に…


DSC_0378




またトンネルを通ってフォトジェニックな現場グッズを眺めながらの下りみち。


DSC_0381





DSC_0242





DSC_0388





DSC_0384

こんだけ男性まみれなんだから、ひとりぐらいこのでっかいボビンみたいなやつアタイの薬指.inしてくれちゃってもいいじゃない!101回目のプロポーズ気取りにさせてくれてもいいじゃない!
あ、やっぱり指折れるからいいです




DSC_0398

まっさらの排気ダクト(っていうの?)の内側。これがすぐまっくろになってしまうんだろうなー。





DSC_0406




さて、一番最後に質疑応答コーナーがあって、どうしても聞きたかった事を聞いてみました。
「どうしてこのブロガーイベントをやろうと思ったんですか?」ということです。

だって、ふつうブロガーイベントって、商品を売るためだったり、サービスを広めるためだったり、なんか利益につながることのためにつかわれるものだと思ってたんだけど、ジャンクションの工事現場を公開してくれるって首都高さんにとって何のメリットがあるのか全然わからなかったんですよ。

首都高すごい!大橋ジャンクションすごい!ってブログに書いたところで、よーし乗りに行くかー!>首都高もうかる! ってなかなかならないだろうし…


そしたら、
「近隣の住民の方なんかを招待して見学会を開くと、けっこうブログとかで紹介してくれていたり、工事自体に興味を持たれている事がわかったので、それなら興味がある人を招待したかった」みたいなことをおっしゃっていました。サ、サービス精神!
それでも「800tクレーン」をメインに打ち出してきたり、なんつーかブロガー心をガシガシくすぐってくるそのセンスには脱帽…!

そして、こういうとこでは団体行動が鉄則だとはおもうのですが、どうしても気になるところはじっくり見てしまう&基本トロいアタイはしばしば集団からとりのこされるはぐれピッグっぷりだったのですが、急かされる事もまったくなく、じっくり見て下さいネ!なんでも聞いて下さいネ!とニコニコしておいでの首都高さんの優しさがまじありがたかったです。


帰りにはおみやげ(ETCさんのストラップほかもろもろ)までいただいて、ホックホクの一日でした!!!
イベントを企画してくださった首都高さん、ありがとうございましたー!



DSC_0418







おまけコーナー
クレーンのさきっぽコレクション


DSC_0348
つかいこんだ感のある質感がシブイ!450Tっていうのはなんだろ、最大もちあげ重量かしら


DSC_0354
ちょっと引いたとこから。拡大するとよく見えるけど、ワイヤーを巻き上げる部分の溝ぶぶん萌える!


DSC_0355
オーソドックスなかぎ型タイプ。これはこれでいいもの!


DSC_0356
なかなかないぞ!真横ショット!


DSC_0357
つり下げ準備中。こんなたよりなげなワイヤーががんばって重いものをもちあげるとこにぐっとくる!



そのほかの写真もこちらにまとめてありますのでぜひぜひ。
Flickr [ 090801 大橋ジャンクション ブロガー見学会 ]Set -

http://www.flickr.com/photos/_temaki_/sets/72157621825328277/detail/

もっさん日記

諸事情で住民票が急きょ必要になったのだけども、平日は仕事でとりにいけないので時間に融通がきく恋人のもっさんに代理でとりに行ってもらったのですが、今日帰宅したときに発見した住民票に添えてあった怪文書





わたくしがもっさんにひとつだけいいたいことは、コンポコはタヌキじゃないっていうことです!!!!!!!!!!!




コンポコ名シーン


たたおたたやつた は栗まんじゅうでした

工事中の首都高大橋ジャンクションに潜入してちょうかっこいいクレーンキメてきた日記【前編】

\東京!ス・ムース!/

エグザイルのあのぐるぐるの動きでトンネルを掘り進む様子を表現しながら何度でもいうさ!!!

東京!スムース!!!!!(尻文字でさりげなく「こんにちは」と書きながら…)




なんかもう30歳になったところで脈絡のなさは相変わらずですけど、みなさんはクレーン好きですか?
アタイはちょう大好きなんです!


そもそも「はたらくモノ」が大好きで、ユンボやら掘削機やら工事現場のなかまたちにはつねづねなみならぬ興味をよせていたのですが、そのなかでも一番のおきにいりがクレーンなんですよね。


あのスックと空に向かってゆくたたづまい、青空に映える赤と白のカラーリング、華奢だけどまっすぐな強さを持つ鉄骨、それらが織りなされてレースみたいな繊細さをもちながら重いものをもちあげるっていうギャップ含めてこれはもうたまらん代物ですよ!


なんで、ヒマがあればあちらこちらのよさげなクレーン攻めにいったりしているんですけども(ちなみにいまのおすすめはJR大阪駅周辺(下写真)と豊洲駅周辺です)、やっぱりどこも安全のためか、野暮な囲いに囲まれていることが多くてなかなか近くで見る機会がないんですよナー…。


DSC_0498

何度か工事現場の人に近くに寄れないかお願いしてみたんだけど、やはり安全の面から素人を入れるわけにはいかないらしく断られ続けていたのでもうすっかりあきらめていたんですけども、今回すばらしいイベントがあることを教えてもらいました!!!!!



ブロガーさん限定「大橋ジャンクション建設現場 プレミアム見学会」
https://c2info.jp/ohashi-jct/


なんと、いま建設中の首都高速中央環状新宿線大橋ジャンクションの工事現場を見学できるとなーーっ!?
大橋ジャンクションっていったらあれですよ、先週と先々週のタモリ倶楽部で行ってたアレアレ!!!見た!?見た見た!?


しかもDPZでも紹介されていた(http://portal.nifty.com/2009/04/24/a/)架設工事に使われた800tクレーンも!見学!できる!!!!ギャアーーー!発狂する!!!!!!






即応募をすませて待つこと数日、めでたく当選メールをいただいたので、さる8月1日に行ってまいりました!!!




さて、冒頭でしつこく言った「東京スムース」というフレーズ、首都圏で車に乗る方で聞き覚えがある方もおいでかとは思いますが首都高速道路環状線で途切れているところを、地下にトンネルを掘ってつなぐ取組みのことらしいんですね。(たぶん)


ほんで、ちょっと思い出してほしいのが、現状通ってる首都高速って高架になっとるんですよ。


地上より高いところにある現在の首都高と、地下深くに新しくつくる地下トンネル、最大70mの高低差があるこのふたつを都会のまんなかの限られたスペースでどうやってつなぐかといいますと、道路の形を、らせん階段みたいな円上のループにするんですよ!


ちょっと言葉で説明しづらいので、置いてあった模型をご覧になっていただいたほうがよいかしら


DSC_0005

この中をぐるぐる昇ったり降りたりするわけです!

ちなみに大きさがイタリアのコロッセオとほぼ同じらしく、意識した作りにしてるとのこと!カッコイー!!!!!!






というわけで、ぐるぐるツアーはいよいよスタート、朝8時30分現地集合というなかなかハードな時間からでしたが遅刻してこられたのは多分ひとりだけというところから各自の本気度合がつたわるってもんですね!


まずは会議室のようなところでスライドをつかって概要を説明してもらいました!

DSC_0011

DSC_0013

地下を掘り進むときのかっこいい写真やらジャンクション通行シミュレーション3D映像のかっこよさに会場がひとつに…これが、これがワイたちのサマーソニックやーーー!(寅壱のタオルをふりまわしながら)


いいかんじにテンション上がってきたところでさっそく見学へ!


壁のタイルは斜めストライプの凹凸がついてるシンプル&シックなものでとってもすてき!非常階段の囲いもスタイリッシュ!


DSC_0146


コンクリまでもがうつくしい…


DSC_0017

しばらく歩いて、まずはいきなりメインの800tクレーンへ!



DSC_0047

でけーーーー!!!!


ご覧になっていただけたらわかるように、今回は首都高さんの粋な計らいにより、まさかの触り放題登り放題撮り放題!!!なんだここ!天国か!!!!



DSC_0090

OHフォトジェニック…!


DSC_0105

観覧車っぽくもある




この800tクレーン、そろそろお役目を終えて分解されて(大きすぎてそのまま移動ができないので、ちいさく分解して輸送するそうです!確かにこれ動かすなら8車線分ぐらいいるわ…)よそへ旅立つとのことで、その前に触れることが出来て良かった…!頬ずりしたら油がつきました!




ほんで、あたいこれまで高速道路ってどうやってつくるのかよう知らんかったんですけども、今回この大橋ジャンクションの場合、まず支柱を立てて、プラレールみたいにパーツ分けした道路部分を別に作って、このクレーンで ヨイコラショとのっける、みたいな感じ。そんな簡単なもんじゃねえけど!


うまく説明はできないけど、さきほどもリンク貼ったDPZのこちらの記事がちょうどそのヨイコラショの部分を書かれているのでぜひぜひ…写真もすばらしい!100回見ました!!!!!!!

デイリーポータルZ-800tクレーンの架設工事に興奮-
http://portal.nifty.com/2009/04/24/a/


ちなみにこんだけの大事業なのに、渋谷から少し歩いた市街地まっさかりっていうロケーションなこともあってか現場自体はけっこう狭めだったんですよ。


そのどまんなかにこのでっかいクレーンと、このクレーンがつり上げる作り中の道路パーツがあるので、実際の作業スペースっていうのがちょうせまくなってて、その残りのスペースをヒモで区画を区切って、出入りする業者さん各社の作業スペースをキッチリ分けてありました。都会の工事大変すぎる!




狭いスペースでギュウギュウになりながらいろんな作業が!

DSC_0347




ちょうかっこいい作り中の道路パーツ!

DSC_0138

プラレールでいうたらココだね!
プラレール 2倍曲線レール(4本入) R-21

プラレール 2倍曲線レール(4本入) R-21





こんなふうにつなげられる!右の黄色いのはあなほり機!

DSC_0051




大興奮が止まらないこのレポート、写真が多すぎたのでひとまずここまで!後編はいよいよジャンクションのなかに潜入&屋上を満喫です!


おまけーーーー

首都高さんのオフィシャルブログにも今回のレポートが乗ってるんですが、
http://www.c2info.jp/blog/2009/08/2267/
1枚目の写真に、クレーンにへばりついて写真をとる無様なワイの姿が…




首都高さんのやさしいまなざしが…痛いの…

http://www.c2info.jp/blog/2009/08/2267/trackback/

☆ナツ100☆雑誌遍歴を振り返りながら漫画を100冊おすすめしてみる日記(編集中)

★エクセルのデータはこちらにUPしてあります★
http://firestorage.jp/download/20fa7700f6eac4cd7833c500c9b73d7a78fc7834


みなさんこんにちは!


今日はですね、ワイが日記をかいてるこの「はてなダイヤリ」で日記をかいておいでの「だんげろうず」さんという方が企画されているナツ100というイベント?への参加エントリです。


要するに、各人おすすめの漫画100冊をテーマにそって発表すると、だんげろうずさんが集計してくださるという企画なんだけど、去年はウッカリ参加しそこねたので今年こそ…!とかけこみ参加やでー!ヒーあと30ぷんしかねえよ!


くわしくはだんげさんのサイト(http://d.hatena.ne.jp/dangerous1192/20090802)を御覧になったほうがよいかとおもいますが、ちょいと引用。

今年で4回目となるナツ100です。今回は縛りなしです。単行本だろうと、雑誌に一回乗った話だろうと、同人誌だろうと、漫画ならなんでもありです。

2006が名作漫画 2007がマイナー漫画、2008年が10巻以内に完結の漫画でした。今年はギリギリまで「連載中の漫画20以上100」や、読んでもらうことを考えて「大人に読ませたい漫画100」、「彼氏・彼女・嫁(含む二次元)・夫(〃)に読ませたい漫画100」等も考えたのですが体力的な限界も考えてこうなりました。


http://d.hatena.ne.jp/dangerous1192/20090802

とあるとおり、例年ですと100冊選ぶ目安というかテーマを決められているそうですが、今年は縛りなしのスーパーフリー(性的な意味じゃない)でいかれるとのこと!ヒー!そんなことしたら大変好きなマンガありすぎておれがしぬ!っていうか書き出した時点でナツ200だったので、削りに削ったリストをつくりました!


本来ならここで軽くいろいろ紹介したりしたいとこなんだけど、ちんたらしてたら応募締切が目前にせまってしまったのでひとまずリストのみあげておきます!
あとでもうちょいちょい書き足します!ヒー!


作品名 作者名 雑誌名 出版者名
1 ONE PIECE 尾田 栄一郎 週刊少年ジャンプ 集英社
2 バクマン。 大場 つぐみ/小畑健 週刊少年ジャンプ 集英社
3 ときめきトゥナイト 池野 恋 りぼん 集英社
4 ルナティック雑技団 岡田 あーみん りぼん 集英社
5 スイッチ 望月 花梨 花とゆめ 白泉社
6 ガラスの仮面 美内すずえ 花とゆめ 白泉社
7 ぼくの地球を守って 日渡 早紀 花とゆめ 白泉社
8 ここはグリーン・ウッド 那州 雪絵 花とゆめ 白泉社
9 笑う大天使 川原泉 花とゆめ 白泉社
10 なんて素敵にジャパネスク 山内直実/氷室冴子 花とゆめ 白泉社
11 ロリータの詩集 山中 音和 花とゆめ 白泉社
12 はみだしっ子 三原 順 花とゆめ 白泉社
13 動物のお医者さん 佐々木 倫子 花とゆめ 白泉社
14 月とノスタルヂヤ 一條 和春 ファンロード ラポート
15 チャッピーとゆかいな下僕ども ながい けん ファンロード ラポート
16 ミスター味皇 嵐馬破天荒 ファンロード ラポート
17 パレポリ 古屋 兎丸 ガロ 青林堂
18 少女椿 丸尾 末広 ガロ 青林堂
19 ねこぢるうどん ねこぢる ガロ 青林堂
20 中学生日記―一生で一番ダサイ季節 QBB ガロ 青林堂
21 わたしは真悟 楳図 かずお ビッグコミックスピリッツ 小学館
22 ギャラクシー銀座 長尾 謙一郎 ビッグコミックスピリッツ 小学館
23 ぼくんち 西原 理恵子 ビッグコミックスピリッツ 小学館
24 鉄コン筋クリート 松本 大洋 ビッグコミックスピリッツ 小学館
25 リバーズ・エッジ 岡崎 京子 CUTIE 宝島社
26 ラブ・マスターX 安野 モヨコ CUTIE Comic 宝島社
27 内向エロス 陽気婢 快楽天 ワニマガジン社
28 無敵の魔法教師カワハラーZ 平野 耕太 快楽天 ワニマガジン社
29 BEAUTIFUL MONEY SABE 快楽天 ワニマガジン社
30 哭きの竜 能條 純一 近代麻雀 竹書房
31 まんが王 喜国 雅彦 近代麻雀 竹書房
32 モンキー・パトロール 有間 しのぶ FEEL YOUNG 祥伝社
33 Strawberry shortcakes 魚喃 キリコ FEEL YOUNG 祥伝社
34 群青学舎 入江 亜季 コミックビーム エンターブレイン
35 デボネア・ドライブ 朝倉世界一 コミックビーム エンターブレイン
36 さよならもいわずに 上野顕太郎 コミックビーム エンターブレイン
37 イムリ 三宅乱丈 コミックビーム エンターブレイン
38 電波オデッセイ 永野のりこ コミックビーム エンターブレイン
39 アベックパンチ タイム涼介 コミックビーム エンターブレイン
40 幻想の普通少女 内田 春菊 アクション 双葉社
41 大阪ハムレット 森下 裕美 アクション 双葉社
42 やっちまったよ一戸建て!! 伊藤 理佐 アクション 双葉社
43 夕凪の街桜の国 こうの 史代 アクション 双葉社
44 ポテン生活 木下 晋也 モーニング 講談社
45 ひまわりっ~健一レジェンド~ 東村 アキコ モーニング 講談社
46 ナニワ金融道 青木 雄二 モーニング 講談社
47 GIANT KILLING 綱本 将也/ツジトモ モーニング 講談社
48 ねこだらけ 横山 キムチ モーニング 講談社
49 ディアスポリス-異邦警察 すぎむら しんいち モーニング 講談社
50 海街diary 吉田 秋生 flowers 小学館
51 日出処の天子 山岸 凉子 LaLa 白泉社
52 櫻の園 吉田 秋生 LaLa 白泉社
53 獣王星 樹 なつみ LaLa/月刊メロディ 白泉社
54 オズ 樹 なつみ LaLa増刊 白泉社
55 原始式教育入門 まめおやじ 友沢 ミミヨ TV Bros パロル舎
56 臨死!!江古田ちゃん 瀧波 ユカリ アフタヌーン 講談社
57 ディスコミュニケーション 植芝 理一 アフタヌーン 講談社
58 ハトのおよめさん ハグキ アフタヌーン 講談社
59 世界の孫 SABE アフタヌーン 講談社
60 レッド 山本 直樹 イブニング 講談社
61 モテキ 久保 ミツロウ イブニング 講談社
62 新世紀エヴァンゲリオン 貞本 義行 エース 角川書店
63 最近のヒロシ。 田丸 浩史 エース? 角川書店
64 終わりと始まりのマイルス 鬼頭 莫宏 エロティクス・エフ 太田出版
65 プライド 一条 ゆかり コーラス 集英社
66 さよなら絶望先生 久米田 康治 週刊少年マガジン 講談社
67 自虐の詩 業田 良家 週刊宝石 光文社
68 艶漢 尚 月地 小説ウイングス 新書館
69 狂四郎2030 徳弘 正也 スーパージャンプ 集英社
70 まちこSHINING 藤野 美奈子 スピリッツ 小学館
71 舞姫(テレプシコーラ) 山岸凉子 ダ・ヴィンチ メディアファクトリー
72 極楽りんご 林 正之 ネムキ 朝日ソノラマ
73 フェミニズムセックスマシーン 砂 ホットミルク 太田出版
74 37564(みなごろし)学園 神田 森莉 ホラーM ぶんか社
75 伊賀野カバ丸 亜月 裕 マーガレット 集英社
76 きらきらひかる 郷田 マモラ ミスターマガジン 講談社
77 レグ・ラバ・ザ・ポチ 岡田 ユキオ ミスターマガジン 講談社
78 愛すべき娘たち よしなが ふみ メロディ 白泉社
79 愛人[AI-REN] 田中ユタカ ヤングアニマル 白泉社
80 デビューマン 吉本 蜂矢 ヤングキング 少年画報社
81 森繁ダイナミック 桃吐 マキル ヤングサンデー 小学館
82 月光の囁き 喜国 雅彦 ヤングサンデー 小学館
83 エルフェンリート 岡本 倫 ヤングジャンプ 集英社
84 ファイヤーキャンディ 今村 夏央 ヤングチャンピオン 秋田書店
85 スリーピース!!RETURNS 安彦 麻理絵 ヤングチャンピオン 秋田書店
86 風呂上がりの夜空に 小林 じんこ ヤングマガジン 講談社
87 デッド・トリック! 華倫変 ヤングマガジン 講談社
88 カリクラ―華倫変倶楽部 華倫変 ヤングマガジン 講談社
89 バカ姉弟 安達 哲 ヤングマガジン 講談社
90 BLACK BRAIN サガノヘルマー ヤングマガジン 講談社
91 AKIRA 大友 克洋 ヤングマガジン 講談社
92 攻殻機動隊 士郎 正宗 ヤングマガジン海賊版 講談社
93 魔法使いの娘 那州 雪絵 月刊ウィングス 新書館
94 死と彼女とぼく 川口 まどか 少女フレンド増刊 講談社
95 GUNSLINGER GIRL 相田 裕 電撃大王 アスキー・メディアワークス
96 よつばと! あずま きよひこ 電撃大王 アスキー・メディアワークス
97 百日紅 杉浦 日向子 ちくま文庫
98 窮鼠はチーズの夢を見る 水城 せとな 小学館
99 オッス!トン子ちゃん タナカ カツキ


ああっ99しかない!見出し行で1行つかってるからか!ああっばかばか!