読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏だからさいたまの怪談でもしてみる日記

こんにちは!毎日実に夏いですね!
おかげでビアーがはかどって困っちゃうアタイです!ほんとはのみたくないの!ほんとだよ!!!!!(ジョッキを冷やしながら)

さて、先週の金曜日にいやらしい男の人たちやアコガレの女の人やハッチャケた女の人に遊んでもらったので、ちょううれし楽しくて、ダイエットどこへやら朝までお酒をガブガブ飲んでしまったので翌土曜日はさすがに自重すべ…と反省しまんた。
これは運動がてら散歩にでもでっかな!とおそとでたら、あの猛暑でしょ〜〜!!!!
んで、いなかだから、休憩するにもこじゃれたキャッフェとかないでしょ〜〜〜!!!!
あるっていったらファミリー焼肉高砂ぐらいしかないでしょ〜〜〜〜!!!!
したら食べるしかないしビアーも飲むしかないよ!ちょうおいしかった!!!!!!

ウッカリ夕暮れご飯時だったので結構混んでる待合室で「一名様でお待ちの原田様———!!!!!」っていわれたのチャラになるぐらいのおいしさだった!
でも8人掛けぐらいの座敷席に通されたのはなかったことにはできないそれがアタイのジャスティス!(キリッ)


まあ、そんなこんなで2日連続で暴飲暴食かましてしまったので、今日日曜日ぐらいは飲酒控えてみよう…と思ってはみたものの、この暑さではきっと飲んでしまう…!
と、うんうんうなっていたが、アタイは気づいたね、呑めない状況に自分を追い込めばよいのだと…!!!



というわけで、きょうはレンタカーを借りてドライブすることにしました!キャッホキャッホ!
もう半年以上も車の運転してなかったし、作りっぱなしのETCカード一度ぐらいは使ってみたかったし、ちょうどよかった!



どこにいこうかな、なんて思ってたんだけど、今住んでいるところから1時間ほどの、去年の9月まで住んでいた街に行くことにしまんた。

理由はふたつあって、まず、その街の、さらに車でいかないと行けないとこにある薬局のポイントカードが1500円分ぐらい貯まっていたのを使いに行くことと、あともうひとつ。とあることを確認しにいったのです。




アタイは去年10月から今の仕事に転職をした。
前の会社というのがとにかく残業が多く、平日は朝の8時から、夜の10時11時はもちろん、日付が変わって帰ることもザラな会社だった。
決められた休憩時間以外は隣の人と喋ることすらできず、パソコンを使う仕事だったが、ネットには接続されていないのでひたすら作業をするしかない、そんな職場の中でアタイの楽しみは週に一度、金曜日の会社が終わった後に24時間営業のスーパー銭湯に行くことであった。


この日はいつもより少し疲れていた…
思いのほかゆっくりしてしまい、気がつけば3時になってしまっていた。



帰路を急いでいるうちに



今まで気付かなかった道路案内標識が目に入った。
右にいけばアタイの住む町だと書いてある…

行ったことがない道だし、カーナビもついていない車だが、一か八か行ってみることにした。



道は一本道だったので迷うことはなさそうだったが、

道路沿いの民家もすっかり寝静まっている様子で、街灯のひとつもなく、真っ暗な道がひたすら続いていて、霊感が全くないアタイも、さすがにちょっと不安になってきた。
そのとき




進む少し先に、ちらほら窓のあかりとなにかの看板が光っているのが見えた。
とにかくなにか生活感のある物を感じて安心したかったので、何の看板なのかを確認してみたかったが、ほとんど暗闇のなかヘッドライトが反射をして読みづらかったので、さらに近づいてみた









よりによって斎場…

不安は増幅し、とにかくもう日常の、生活感があふれる場所に早く戻りたい一心で、いきおいいつもより若干スピードを上げ気味になってしまっていた。
しばらく進んだその時…




前方に、なにか明かりのようなものが見えた。
スピードを落として、ゆっくり近づいてみる…




何かの文字っぽかったが、反射してよくみえない…
ライトをロウにきりかえて、さらにゆっくりと、近づいて、何が書いてあるのかを確認した…


















ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



おまえ、これ、こわすぎだろ!いみわかんなすぎだろ!!!!!!!
パニックにおちいったアタイはそっからもうどうやって帰ったのか定かじゃないです…
どんだけ飲んでも記憶はなくさないアタイが!
霊体験なんてしたこともないアタイが!!!!


…と、まあこんなことがあったのでもう、ほんとおそろしすぎて、その道はずっと通らないようにしてんだけど、今回は昼間だし、おそらくもう来ることもなさそうだったので、どうしてもたしかめておきたかった。



あの看板は、なんのために存在してたのか?


むしろ、ほんとにあの看板は存在したのか?


おびえすぎてたあたいの心がみせたMABOROSHIけ…?


いろいろかんがえながら車を走らせる。


なつかしい会社の前、そしてスーパー銭湯をとおって、あの右折地点に到着する。
どきどきしながら右折し、ほんとに何もない通りを進む。

周りの明るさにだいぶ気分を救われながら、さらに直進…

斎場もあった。ここまではたしかに存在している。


ゆっくり、ゆっくり 確認しながら、走る。




!!!


あった!


確かにあの看板だ!


さらに近づく






DSC_0156




DSC_0158
おそば。


ない
わーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!



このあとは東村山にいって、ともだちとどーなつをたべました。おいしかったです。














ちなみに、今すんでるとこは、徒歩5分圏内に森があることは以前日記に書きましたが、10分圏内には

CNV000028
吊り橋があったり


CNV000030
水が沸いたりしてるいい具合に田舎なんですが、




まえすんでたところにあらためていってみたら


なんちゃってぱのらま
なんちゃってパノラマ風 くりっくするとでっかくなるから、ぐるぐるスクロールしてバーチャル埼玉してみるといいよ!田んぼしかない感じをとくと味わってみてください!


こんな埼玉がだ〜いすき!みんなひっこしてくればいいのにね!